タグ:藍染め ( 7 ) タグの人気記事

草木染の可能性~あいを重ねて~改善編

2017年もあと残すところ、2日あまり…

今年も本当に多くの方にお世話になり誠にありがとうございました!

今年はイベントの出店を減らし新商品のワンピース、バッグ、小物などを作って模索の1年でした。

どれもこれも、中途半端になってしまったような(*_*)

それでも、今後の方向性が見つかった気がします。

来年も努力精進してまいります!

さて、やろうと思っていたことを今年最後にやってみました。

「草木染+藍染で緑と黒を表現する」

緑は更に極める

黒は黒に近づける

の課題をを再度挑戦してみました。

緑の課題は、どうしてもところどころ下地に染めた黄色が見え隠れする部分があり…まぁつまり少しばかり染まり具合がムラになる。

それを解決できるか?って方法を模索していて、ある人が濃染処理を藍染めをする際にも行うっていうのを聞いたことがあった。

濃染処理、つまりカチオン処理ってのは木綿や麻のようなセルロース(植物性)繊維には必要な処理。

染料に含まれる色素はほとんどがアニオン性(陰イオン)。

同様にセルロース繊維も非晶領域っていう色素を吸着する入口に同じように色素同様にマイナスの電荷を帯びている。

なんで、マイナスとマイナス同士なんでくっつかないってことになるので昔の人は呉汁などを使ってタンパク質を繊維に吸着させてマイナスの入口をふさいでプラスにさせてきた。

通常は、藍染めの場合は染料よりも顔料に近い性質をもっているのでこの濃染処理を行わなくても繊維に吸着するってことで濃染処理は行わない。

けど、重ね染めは草木染め行うわけだからどこかの工程で濃染処理を行うわけだからその順番を変えてみてはどうかな?

ってことを思いついた。

つまり藍染めの工程の前に濃染処理を行うってこと。

晒し木綿を使って試染を行ってみた。

b0224776_15570971.jpg
左が藍染めの前に濃染処理をした晒しで、右が濃染処理をしない晒し。

この場合の藍染は草木染を重ねるので水で希釈して薄く染める。

一目瞭然!

そしてこの晒しに草木染を重ねる。

b0224776_15590245.jpg
左が濃染処理をした晒しで右は草木染の前に濃染処理をした晒し。

もちろん浴比、温度、時間は同じ条件で行う。

しかも、気になっていたムラが発生していない(^O^)/

その上、いつもより緑が濃いんじゃないのかな?

今回の試染は生地自体が小さくその上、重量も10g程度だからワンピースのように長さ2m越えの生地を染めるときはどうかな?
っていう一抹の不安もぬぐえない(-_-;)

で、黒がだ…

こちらも同様に藍染め前に濃染処理をするしない。
ってのと併せて、藍染めの希釈を変えた晒し合計4種類の晒しを試染。

b0224776_16090654.jpg
う~んいまいち…

藍が濃いと青よりになるし、その上に生地が薄いせいもあるのか黒ってよりもグレーだな…

草木染の染料が自家製で、枝葉や幹が混在していて色素を含んだ部位にバラつきがあり安定していないせいか?
生地が薄いせいか?

なので、草木染の工程を繰り返しみた。

けどね、やっぱりグレーだな。

今回は木綿だったけど、一番染まりにくい麻の素材だったりすると更にグレーに見えるのでは?

今度は染料を変えて再度挑戦だな。

さて、さて来年も挑戦をし続ける1年になりそうです。

その際は、またブログで報告させていただきます。

今年一年本当にありがとうございました。

日本語って本当に豊かだな?ってあるときにふと思ったのが20年近く前。

雨の名前や色の名前がたくさんあるよね?

とあの時に本屋で手に取ってみた日本の色の名前の本。

その時に初めて「草木染」を知り、昔はみんな身近な植物で染めていたんだ!

自分でも草木染をしてみたい!

やっぱり草木染を自分でしてみたと思い鎌倉の師匠のところを訪ねてたのが7年と半年前。

5年間師匠のところで学んで京都の染料店などで更に研修を受けて、大阪のべんがら染めの社長さんとイベントで
出合い顔料染め知って…

毎回が発見で、毎回が感動でそんな天然の染料、顔料の染め。

来年もITZEBOOをよろしくお願い申し上げます<m(__)m>

ではでは、皆様良い年をお迎えください!


[PR]
by itzeboo | 2017-12-29 16:42 | 作品 | Comments(0)

フレンチリネン100%生地の草木染め

寒さも彼岸まで…ポカポカの春まであと少しですね。

3月に入って今年の新商品&新色のワンピース用のフレンチリネン100%生地の染めを進めていますので工程のご紹介。

生地は薄手のキャンバスワッシャーを使ってみます。


b0224776_10552593.jpg
染色用の生地で約140cm幅、ワンピースなので長さは2mほどを使用します。

まずは、染色をする前に生地を製造した時に機械油などが付着している場合があるので縮み具合を確認する水通しも兼ねて、洗浄を行います。

縦方向はあまり縮まず、横方向に数cm縮むことが分かりました。

洗浄後は、濃染処理を行います。この作業を行わないと、セルロース(植物)繊維は濃く染まりません…というか全く染まらないことが多いです。

濃染処理が終わったら、媒染を行います。今回はアルミ(みょうばん)を使うので、先媒染をしちゃいます。

そして、いよいよ草木染めの工程に入ります。先月リネンコットンの染め同様に槐(エンジュ)、茜(インドアカネ)、ログウッドを使います。

槐(エンジュ)の花の蕾を乾燥させた染料です。

b0224776_11091561.jpg
草木染め後に藍染めを重ねますので、その染色前後の比較をご覧いただきたいのでここでは染料の画像のみをUPしますね。

b0224776_11131783.jpg
茜(インドアカネ)根っこを乾燥させた染料です。

b0224776_11143498.jpg
ログウッドの木の幹を粉砕した染料になります。

140cm幅×2mの生地を浸染法で行うので、ムラにならないように染めるのが結構大変です。

染色後に乾燥させます。

まずは、これで下地の染めが終わりました。

そして、藍染めを重ねます。

b0224776_11191728.jpg
天然藍(インドアイ)を使います。

エンジュは緑色、アカネは紫、ログウッドは紺に仕上げるために藍の配合をそれぞれ変えて染色をします。

エンジュの下地染め。
b0224776_13093488.jpg
エンジュの黄色+藍の青=緑
b0224776_13115470.jpg
緑色染めはヘンプコットンTシャツで何度も染色しているので、予想通りの仕上がり。
フレンチリネンが生成りではなく白い分、緑も鮮やかな色調になりました。

続いて、アカネの下地。
b0224776_13100638.jpg
アカネの赤+藍の青=紫
b0224776_13163429.jpg
先月リネンコットンを紫染めにした時に、かなりグレーよりになったので今回は藍の配合を変えてみました。
アカネを鉄媒染した時の色のように濃く、落ち着いた紫になりました。

そして、ログウッドの下地。
b0224776_13103419.jpg
ログウッドの黒+藍の青=紺
b0224776_13202114.jpg
わずかな変化ですが、少し青みがかった色がつきました。
ログウッド単体の黒でも、十分キレイなんですがログウッドは堅牢度がイマイチで色落ちがしやすい染料なのでバッグや雑貨などあまり洗濯をしないものはいいかと思いますが、衣類で頻繁に洗濯をするとなるとログウッド単体では心細いですが藍を加えることにより堅牢度が上がります。

色の比較です。
b0224776_13260771.jpg
ということで…

洗浄(水通し)→濃染処理→媒染→下地染め→藍染めの工程で染色は完了!

もちろん、各工程の間には水で何度もすすいだり、媒染は引き上げては絞ったり、染めの時はムラを防ぐために生地を繰りながら作業をしたり、仕上げにスチームをかけたりなど手間と時間が必要になります。。。

ですが、いつも染めあがった生地の色を想像しながら、今度は前回よりもキレイに染めようと日々精進しております。

ということで、今週は染色したこちらの生地を裁断、縫製してワンピースにしていきたいと思います。

何とか、月末のイベントに間に合わせたい!

[PR]
by itzeboo | 2017-03-12 13:46 | 工程 | Comments(0)

湘南平塚にある多肉植物とサボテンの専門店「Mcramu」さま

今年の春に出店した平塚SunSunマルシェでお隣のブースだった多肉植物とサボテンの専門店「Mcramu」さま。

なにか、多肉植物屋さんで染めでご協力できませんか?

といつものように厚かましく、営業をさせていただきました。

で、色々お話をさせていただいたところ植木鉢のカバーなるものが世間には存在をしているらしい。

そんなのって未知の世界!

結局、ミニトートバッグをべんがら染めで作らせていただくことになりました。

家に帰り、ネットで調べてみて試作を始めてみた。

まずは、手元にあった藍染めの端切れで珈琲豆の麻袋のようなものを縫製。

b0224776_11245635.jpeg
何年か前にいただいて、そのままにあった帆布があった~!

今度は実際に、直線パターンを作りべんがらで染めて手持ちのITZEBOOの型紙でロゴをべんがら染めして縫製。

b0224776_11291338.jpg
トートバッグ状と木製ボタンと麻紐を付けてポーチ状の2点を試作。

トートバッグ状の商品を採用いただき、作成!

納期は、7月中旬で!

とは言ったものの、諸々の事情で納期をひと月延してもらいようやく昨日納品をしてきました。

b0224776_11330886.jpg
大きさはこんな感じです。

手前の文庫本とより一回り小さいくらいです。

b0224776_11343612.jpg
店頭で撮影用に実際に多肉さんたちを入れてもらい記念撮影!

やっぱり実際に多肉さんたちを入れるとかわいい(^O^)/

ありがとうございました~!

湘南平塚にある多肉植物とサボテンの専門店「Mcramu」さまは平塚駅西口より歩いて5分ほどところにあります。

b0224776_11390966.jpg
かわいい多肉さんたちが並んでいて、店長さんが詳しく特長や育て方を教えてくれます。

また、ワークショップなども行っておりますので、湘南チーズパイで有名な「葦」の本店の裏手にありますので、お近くに来られた際には是非!

McramuさまHP

ITZEBOOでは、あなたのお店、あなたのブランドのオリジナル染め物商品をお作りしております。

お店はナチュラルなのに、お店の備品、販促品がナチュラルじゃない!とか…

大手ブランドさんの小売だけじゃ、他のお店と同じ!自分のお店の自分のブランドのオリジナル商品が欲しい!などなど…

そんな、ご希望に微力ながらお応えいたします<m(__)m>

お気軽にご相談下さいませ!











[PR]
by itzeboo | 2016-08-12 12:29 | 卸売(仕入) | Comments(0)

草木染の可能性~あいを重ねて~

草木染めにおいて単体の植物で表現できない色。

黒と緑。

黒ってのは、奄美大島の大島紬の黒が有名だよね。

テーチ(シャリンバイ)っていうバラ科の植物を煮出して石灰媒染と泥の中にある鉄分で媒染を繰り返すいわゆる「泥染め」という方法。

数年前に奄美大島に旅をした時に、泥染めを体験したけど何十回も石灰媒染と泥の鉄媒染を繰り返して黒を表現している。

もちろん、日帰りの体験では媒染は一度限りで色はこげ茶になる。それでも大変時間と手間を要する作業である。

本土で行われてきた方法は、調べると元々は山桃を鉄媒染して藍染めを重ね、江戸時代になると五倍子のを鉄媒染してやはり藍を重ねていたようである。

ITZEBOOでも黒に染めて欲しいと依頼があり最初に試したのがカテキューの量を増やして鉄媒染してみるって方法。

単体だとやはり、こげ茶で黒には程遠い色になる。

そういえば、イベントで市販のトートバッグを草木染めして販売をしているんだけど、いつも一番人気の色。

作ってもすぐに売り切れる一番人気の色。

ログウッド。

アルミ媒染をして販売をしているんだけど、黒のような光に当てると紺色のような深みのある色。

そのログウッドを鉄媒染すれば、より黒に近い色が表現できる!

だが、ログウッドの弱点は堅牢度が低いこと。

色褪せがが早い…

アルミ媒染の場合、最終的には薄いグレーになってしまう。

だったら昔の方法通りに、藍を重ねれば堅牢度は上がらないだろうか?

そして、より黒に近づけることはできないだろうか???

そこで、2年ほど前にヘンプの紐をその方法で染めてみた。

b0224776_09131308.jpeg
ヘンプ紐は漂白されていないナチュラルなものを使い精練を行いある程度、洗浄をしてから染色を行った。

従って、地の色が白ではなく濃い生成りの色なので、非常に黒に近い色が表現できた。

画像の左は藍染の単色。

堅牢度もあり、これは使えるかもしれない!

で、Tシャツに染色をしたらどうだろうか?と思いつつ月日は流れて…

レディースのヘンプTシャツ…草木染めをしばらく新しい商品を作ってなかったしな?

で、デザインは前作のレディースヘンプTシャツにも使用した蓮華、蓮の花、ロータスにしようと思いつつ…

なかなか納得のいくデザインが思いつかず、何度もやり直しをしていた。

で、最終的にやっぱ着物の和柄っぽいものがいいな!ってことにたどりつき。

蓮の花の型紙を作ってみた。

b0224776_09231461.jpeg
蓮の花に見えるかな?

Tシャツを染色。

b0224776_09244612.jpg
なんか青っぽい。。。

ログウッド単色の方が黒に近い色だったかも。。。

それでも藍を重ねた方が堅牢度はいいはず!

こんな感じに仕上がりました(^O^)/


b0224776_09274477.jpg
光の当たり具合にもよりますが、黒というよりは濃い紺色っていった方が近いかもしれません。

ヘンプ紐を染めた時よりも地の色が白かったので、藍が強くでたのかな?

絵付けは、糊を置きをして抜染。

4月末からの修善寺からのイベントで先行発売をしています。

型紙も蓮の花に見えるとのこと、お客さんに確認済です(^_^;)

何枚か作ったら、HPなどでも販売をしようと思ってます。

もちろん、こちらのブログをご覧いただいて「欲しい!」と思っていただいた方にはご予約という形でご注文を承ります。

お問い合わせは、ITZEBOOのHPまで→http://www.itzeboo.jp/

おまけコーナー

黒染めと一緒に染めた、浅葱染めのご紹介。

ホントは、アースグリーンを狙って染色したんですが藍が濃かったようで青よりの色になりました。

b0224776_09382874.jpg
こちらは、先週末のイベントで売れてしまったのでアースグリーンを目指してまた新たに作ります。

ってことで、草木染めの可能性。

今回は藍を重ねるでした。

ITZEBOOではいろんな色を草木染めにチャレンジをしています。

草木染めでこんな色は表現できないか?また、草木染めに関するご相談などもお気軽にお問い合わせください。


[PR]
by itzeboo | 2016-05-05 09:45 | 作品 | Comments(0)

2016年5本指ヘンプソックス 新商品

なんだか急に暖かくなってきましたね(^O^)/

春はもうすぐそこまで来てます来てますってことで、2016年の新商品のご紹介です。

人気のヘンプソックスをようやく新しいデザインにいたしました!

そして、新たにショート(アンクルタイプ)も新発売いたします。

例によってイベントでの先行発売いたしますので、実物はイベントでご覧くださいませ<m(__)m>

b0224776_15524733.jpg
1.5本指ヘンプソックス ショート べんがら染め
 「蓮華」 サイズ22-24cm/24-27cm
 価格1,500(税抜)

蓮華(ロータス)の花をべんがらの型染めをしています。

b0224776_15530313.jpg
2.5本指ヘンプ ショート 藍染め
 「麻の葉」 サイズ22-24cm/24-27cm
 価格1,600円(税抜)

麻の葉の模様を型抜染しています。

b0224776_15532294.jpg
3.5本指ヘンプソックス レギュラー べんがら染め
 「蓮華」 サイズ22-24cm/24-27cm
 価格16,00円(税抜)

蓮華(ロータス)の花と唐草を型紙を使ってべんがらで染めています。
b0224776_15533628.jpg
4.5本指ヘンプソックス レギュラー 藍染め
 「麻の葉」 サイズ22-24cm/24-27cm
 価格1,700円(税抜)

麻の葉の模様を型紙を使って抜染しています。

型紙はいつものように、カッターで切り切りして裏から紗(網)を貼ってっていう日本の伝統的な方法を使っております。

下の画像にある「ITZEBOO」のロゴマークも型で染めてありますので、実物をご覧いただいてからのお楽しみで(^O^)/

b0224776_16132183.jpeg

尚こちらの商品は、卸売りもいたします。

また、お店オリジナルの色やデザイン、ロゴ入れも承りますのでご興味のある方は是非、HPよりお問い合わせくださいませ<m(__)m>

ITZEBOOのHP
 


[PR]
by itzeboo | 2016-03-06 16:24 | 作品 | Comments(0)

ふんどし

b0224776_09171598.jpg
さかのぼること今から2年前の2014年11月末に、山梨県の「甲斐クラフフトフェアー」に出店をした。

その時に、ITZEBOOのブースに足を留めていただいたのが、今回コラボふんどしを納品させていただいた「ヨイアサー屋」さんだった。

まだ、その当時はお店はオープン前だったので…

「お店をオープンさせるんだったら是非、コラボ商品を作らせてください!」とお話をさせていただいていた。

翌年の2015年に「ヨイアサー屋」さんがオープンした。

お店のある山梨県の市川三郷町は、父親の実家がある昭和町のすぐそばというご縁もあり立ち寄らせていただいた際にコラボの打ち合わせをさせていただいたのが、暑い夏の盛り。

11月に試作をさせていただき、ついに今月納品をさせていただき、「ヨイアサー屋」さまの店頭に並ぶことになりました(^O^)/

素材は、オーガニックコットン80%とリネン20%を生地で柔らかい肌触りが特徴です。

古来から続く板締めっていう方法で「麻の葉」を表現しました。

b0224776_09225649.jpeg
生地をこんな風に折りたたんで…

b0224776_09231588.jpeg
なんだか、折り紙のようです。

この記事を板に挟んで、藍に浸けて染を行います。

絞り染めは畳んだ生地を拡げるときが、うまく染まっているか一番ドキドキするときであり、一番感動する瞬間でもあります。

b0224776_09240819.jpg
サイズは、メンズとレディースがあります。

使っている藍はもちろん天然の藍(インド藍)を使用しています。

で!もちろん一つ一つ手で染めているので、全てが染まり具合が違います。

私は、一つ一つ顔が違うって言っています。

是非、「ヨイアサー屋」さまの店頭で実物を見てみてください。

ヨイアサー屋
営業時間12:30~21:00
定休日 火曜日
〒409-3601
山梨県西八代郡市川三郷町市川大門224-1
℡055-207-3089

お店の紹介:
アクセサリー Hemp製品 手巻きタバコを取り扱うお店です。和とECOをコンセプトにした商品を取り揃え、1人でも多くの方に未来型の生き方のご提案ができればいいなと思っております。

ということで、ITZEBOOではこれからもいろんな方たちと「コラボ」をして参りますので!

草木染め/べんがら染め/藍染めなどのご自分のお店のオリジナル商品が欲しい!

けれど、ロットがなぁ~とお悩みのショップの方などご気軽にご相談ください。

お問い合わせはITZEBOOのHPもしくは、ITZEBOOのFBページまで!

ITZEBOOのHP



[PR]
by itzeboo | 2016-03-04 09:52 | コラボ | Comments(0)

藍染の「藍」を種からを育てる

藍染めに使う「藍」を育てはじめて今年で3回目になる。

ITZEBOOを立ち上げた2012年に、「藍って自分で育てることできないのかな?種って売ってないの?」

そんなことをふと思い、横浜の大手種苗屋さんをのお店を覗きに行ってみたが、売っておらず関西の大手種苗屋さんのNetで販売しているのを発見して「藍の種」を購入してみた。

最初の年はプランターで育てて、「生葉染め」で薄萌葱色(薄緑色)を染めた。

Tシャツ1枚を染めるのがやっとの量だった。
b0224776_14012286.jpg

翌年の2013年もプランターで育ててみて、刈り取った後に蒸しをかけて酵素の働きを止めて乾燥させて冷凍保存をしておいた。

2014年は、体調を崩した関係で藍を育てることができなかった代わりに前年に刈り取った乾燥葉でハイドロ建てをしてTシャツを染めてみたが藍の量が圧倒的に少なく甕覗色(薄い水色)になるのがやっとの量。

b0224776_14022333.jpg
今年こそは量を増やそうと思い、種を庭に直播きしてたくさん育てて発酵させて泥藍を作りたいと思い春先に種を購入した。

ドタバタしている間4月をまわってしまい、やっと庭の一角を耕し播種をしたのは4月半ばほどで、種を地中深くに埋め過ぎたためか、なかなか芽が顔を出さない。

2週間ほどしてようやく芽が出てきたのは、ゴールデンウィーク直前。

b0224776_13502622.jpeg
8月くらいにだいぶ大きく育ってきたが種を一か所に集中して蒔いてしまったので、密集して生える状態…

しかも地中深くに埋まった種が時間差であちこちから出始めたので大きさもマチマチ。

お盆も過ぎちゃうし、涼しくなってきたら花が咲いちゃう!

意を決して根分けをして密集地帯を解消してみた。

ここのところの雨で、葉も濃い緑色に色づき始めた途端にバッタの襲撃で虫食い状態。

b0224776_13502918.jpeg

猫じゃらしとか根が深いイネ科の秋の草が生え始めてきたので今年2度目のマシーンを使った大々的な草刈り。

花が咲く前にもうちょっと大きくして、収穫量を増やしたい!

b0224776_13502987.jpeg
今年はどのくらい染められるかな???

楽しみ楽しみ(^O^)/

商品として販売できるくらいに染められたら販売をしちゃいます!

商品の詳細はITZEBOOのHPでチェックしてみてください。

くりっくひゃぁ~→ITZEBOOのHP


[PR]
by itzeboo | 2015-09-05 14:36 | 作品 | Comments(0)


湘南の染めもの屋


by ITZEBOO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
告知
展示
コンセプト
作品

ボランティア活動
工程
デザイン
イベント
出張草木染
ワークショップ
コラボ
お仕事
卸売(仕入)
未分類

外部リンク

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

コロポックルさま 2日..
by itzeboo at 10:13
アースガーデンでお会いし..
by コロポックル314 at 21:32
渋谷店はうちのテナント入..
by mika nakamura at 18:56
あれ?今、ハンズなの?
by itzeboo at 13:28
わあ!ハンズギャラリーマ..
by mika nakamura at 23:33
ゴメンなさい!コメント今..
by itzeboo at 15:31
え?航空公園でやるんです..
by なかむらみか at 18:45
サクラも奥深いですね。 ..
by mika(朝な夕な) at 13:32
おっと~また知らない間に..
by ないとう at 00:35
これだけ色が並ぶと鮮やか..
by mika(朝な夕な) at 12:48

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

クリックポスト料金改定に伴う..
at 2018-08-26 14:44
9月のイベント出店情報(^O..
at 2018-08-26 14:03
7月のイベント出店情報(^O..
at 2018-07-08 13:47
6月のイベント出店情報(^O..
at 2018-05-26 11:31
5月のイベント出店情報(^O..
at 2018-05-03 11:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
ファッション

画像一覧