<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

旅のレポート 九州沖縄ツアー 沖縄編

旅のレポート

~沖縄の紅型~

2012年5月13日(日)

奄美大島を後にした。

本当は、奄美から沖縄に渡る時にもフェリーを考えていたんだけど時刻表をちゃんと見ていなかった。

けれど、奄美からの飛行機…プロペラ機も始めてだったので、それはそれで楽しいモノとなった。

沖縄もやはり、九州と同様に7年ぶりくらいだと思う。

大学の後輩が那覇に住んでいる。

沖縄は梅雨に入ってはいるものの、着いたときは雨は降っていなかったが、そこは南国。

ホテルにチェックインして、シャワーを浴びベッドでウトウトしていると激しい雨が窓をたたきつける音がし始める。

地元の後輩に言わせれば、南の島独特のスコールのような雨だ。

本土じゃ、ゲリラ豪雨?

数年前に、本屋で何か面白いモノがないか物色をしていたところ伝統工芸の紅型(びんがた)に出会った。

その、デザインの大胆さに興奮した!

日本のデザインも取り入れつつ、中国に影響を受けたモチーフ。

まさしく、チャンプルーだね?

中部にある名護の街…海岸が目の前の、今回紅型の体験をさせていただいた工房があった。

「キジムナー工房」さん。

普段は紅型体験はもちろんのこと、ダイビングなんかのツアーも企画されている。

ご夫婦で経営されていて、お二人とも出身は沖縄ではなく本土の方である。

たぶん、オレと世代は近いな?

というより、オレより若いと思うな?

開口一番…

「紅型の体験で、男性お一人様はホントに珍しいです!」

まぁ草木染めを始めてから、この言葉は慣れているので…

なんで、草木染めをやっていることを、ご説明申し上げた。

もちろん、防染糊を使った型染は始めて挑戦する。

染色に携わるにあたり、この防染糊を使った染色は友禅もそうだけど、是非体験せねばぁ!と思っていた。

まずは、布地…今回は、トートバッグをチョイスしました。

型を置いて、その上から防染用の糊を塗る。

ドライヤーを使い糊を乾かし、その上からなるべく隣の絵にはみ出さないように絵の具を使って染めて行く。

染めると言うより、塗り絵に近い感覚かな?

b0224776_13572312.jpg


一通り全部、塗り終わったらまたドライヤーで乾かして今度は、隈取をかける。

絵の際に、ぼかしを入れていくことを隈取って言うらしいんだけど、要はこれをすることにより輪郭がはっきりして立体感が出るし、色もさらに独特の鮮やかさが増す。

そのぼかし専用の筆…

これがスゴイ!

b0224776_1441872.jpg


太い方の筆なんだけど、これの筆先の毛…

沖縄の女性の黒髪でできてるそうです!

しかもヤングな女の子ね…沖縄の若い女性の腰のある黒髪を筆の筒の中に通して、先端を平らにカットする。

筆の筒の中には、鉛筆の芯のように髪の毛があるので、毛先が荒れてくると中の髪の毛を引っ張りだして、カットすれば、真新しい状態になる。

まっ枝毛ができはじめたら、伸びた分だけをカットちゃうって方法だ!

また、隈取の配色も…この色には、この色で隈取をすると言うように、日本の伝統的な襲の色目の法則がここにもある。

カラーコーディネーター3級を取った時に、たしかこんな勉強もしたな?

通常の筆に、ちょこっと色を置いて筆でこすってぼかしを入れていく。

これは、化粧で言うとチークとかアイシャドウを入れてブラシでぼかす方法に似てるかな?

と、化粧品会社で働いていた時のことを思い出してもみた。

何度か、工房の方にチェックをしていただく。

「あ、ここもっと大胆に色を入れちゃってイイですよ~。」

なるほど、なるほどやっぱ、大胆にね?

「だんだん、何の絵なのかが分からなくなってきますから!」

その通り、完成したときには訳が分からない子供の塗り絵のようになった。

b0224776_14195094.jpg


「じゃ最後にドライヤーで乾かして、とりあえず完成になります。ご自宅に帰られたら、ぬるま湯に浸して糊を落としてください。」

それで、自宅に持ち帰りいただいた説明書通り糊を落としたら、こんなに綺麗になりました!

b0224776_14222225.jpg


おぉ~工房に飾ってあった、見本品に近い!…かな?

沖縄に着いた時にモノレールの中で、中刷り広告に「紅型展」をちょうど開催していたので最後の日に見ていこう決めていた。

その最後の日に、レンタカーを返してモノレールを乗っておもろまちの美樹館で本物を見るチャンスがあった。

もちろんだが、ほんものは迫力が違う!

染色方法の、ビデオも上映していたので詳しく知ることができ、工房で体験できたことの復習となった。

b0224776_14351354.jpg


沖縄最後の夜に、後輩と晩飯を食べるためにレンタカーで家に迎えに行った。

家に上がらせていただき、お茶をごちそうになって、後輩のご両親とお話をさせていただいた。

オレのこれからやろうとしようと思っていることに興味を持っていただいた。

沖縄の伝統工芸、染色、織物についての多くの情報をいただくことになり、次回沖縄を訪問した際には、その紹介をいただいたところにも是非足を運んでみたい。

草木染めで、ウコンはもちろんのこと月桃で染まることは知っていたが、なんとサトウキビ染めなんてのも、お話を伺った際に教えていただいた。

このまま、延泊ってのありだと思ったが今回はおなかいっぱいだぁ~!

こりゃ、また自分で消化してからもう一度出直してきます!

本当は、琉球藍染めもしたかったんだけど…また次回の楽しみにとっておくとします。
[PR]
by itzeboo | 2012-05-29 14:51 | | Comments(3)

旅のレポート 九州沖縄ツアー 奄美大島編

旅のレポート

~奄美の泥染め~

日本の色の和名に興味を持ち、鎌倉で草木染めを習い始めて2年が経つ。

染色って一言で言ってもやっぱり方法は一つではなく、先人達が試行錯誤の上色々な方法を確立してきた。

その染色方法の一つに、いつかは忘れたが「奄美大島の泥染め」なるモノがあることを知って、どんな方法なのか想像を巡らせどもいっこうに、浮かんでは来ない…

だったら、百聞は一見にしかず!

んじゃ、行っちゃいましょうって思っていた。

今回ようやく、その願いが叶ったってワケだ。

八代から肥薩おれんじ鉄道を5月10日の朝10時過ぎに乗り、川内経由で鹿児島中央へ駅から徒歩にて鹿児島新港にたどり着いたのが午後の4時だった。

午後6時の出港の奄美大島経由の沖縄行きのフェリーに乗り、とうとう翌早朝11日の5時に奄美大島の名瀬港に着いた。

港の食堂で朝食をとり、朝の8時まで宿泊するホテルのロビーで休ませてもらって、近くにレンタカー屋さんで軽自動車を借りた。

滞在は今日から2泊…丸々2日間。

景色はすっかり南の島!

最高です!

フェリーを予約した旅行代理店から、地図はいただいていたしホテルでもクーポン付きのフリーペーパーをGet!

その、クーポン付きのフリーペーパーの中に…ちょうど泥染め体験割引あります!

最近、割引と言う言葉にめっぽう敏感な年頃になってきた。

とりあえず、その染色が体験できる工房を目指し車を島の北東部へ走らせた。

思ったより、奄美大島は道のアップダウンが多い。

ほとんどが山の中を走っているような道が続く。

途中、工房に電話をして体験可能かを確認してみたら、全然OKなようなのでさらに車を40分ほど走らせ10時過ぎには工房にたどり着いた。

b0224776_14531237.jpg


「肥後染色」さんと言う、何とも雰囲気のある工房だった。

入口には、わき水がドバドバ流れている。

b0224776_14552044.jpg


工房の中や、設備を紹介してくれる。

さすがプロだ…オレが着ていたitzebooTシャツを草木染めだってことすぐに分かってもらえた。

さすがに職人さんの工房だ!設備がスゴイ!

b0224776_14574090.jpg


泥染めは車輪梅(テーチ)の木を煮て染色する…

ってことは、草木染め煮染と同じ???

実際、着替えやゴム手袋、エプロンを貸していただき作業に入ると用意されたのは大きなタライ…

中にはテーチの煮汁が入っている。

そのタライの下には、いつも草木染めで見慣れたコンロなんてない。

ってことは冷染色だ…藍染めと同じでジャブジャブと常温の染液の中につける。

そして、藍染めは空気に触れさせるんだけど、泥染めはプラスの行程があるジャブジャブとテーチ液で浸けたあとに、軽く絞って石灰水ですすぐ。

これは、テーチ液は酸性で石灰水のアルカリ性で中和させるらしい。

その中和をして空気に触れると、赤褐色に変わっていく。

テーチ液×5分→脱水→石灰水→脱水のサイクルを延々と40分

なんと手間のかかる作業だぁ~!

「お茶をどうぞ~!休んでくださいねー!」

と、言われたがついつい夢中…ムキになって40分を走り抜く。

その後、ようやくメインイベントの泥染め!

「じゃ、田んぼに行きましょうね。歩いて5分くらいのところにあるから…」

と、ホントにいい天気の中を工房の方とプラプラ散歩のようにのどかな風景の中を歩いて行く。

「じゃここです。3代に亘って使い続けてきた泥染めの田んぼです…このあたり一体はは昔、稲作の田んぼが一面に拡がってたんだけどね。」

b0224776_1517713.jpg


「じゃここで、泥に浸けます。裸足の方が気持ちイイよ!」

覗くと、イモリが集団でぷかぷか泳いでいる…昔、お袋方の婆さんの実家がある静岡の藤枝で…山の下の泉にいたイモリをいっぱい捕まえたよな?

b0224776_15201866.jpg


えーと裸足ね。っと借りてきたサンダルを脱いでっとっとととと…

b0224776_1522113.jpg


「足下に気をつけてくださいねー。」

b0224776_1524099.jpg


ひゃぁ~イモリが散って行く~冷たきもちい~!

ズルっ!ダ~ンって滑ったらしゃれになんないよな~!換えのパンツ持ってきてないよ。

「じゃ、底の泥をかき混ぜて、Tシャツを泥に埋め込むようにして浸してくださいねー。」

b0224776_1526216.jpg


2、3回ジャブジャブしてこれが、泥に含まれる鉄分で媒染される。

「周りの山に雨が降って、そのミネラル分が地下を通って、その田んぼに流れます。」

何とも壮大な話だ!深いなぁ~!泥染め!日頃のボタン、ポンっの社会に慣れてしまっている生活に比べるとなんて、尊い世界なんだろう?

「じゃ、また戻って先ほどのサイクルを今度は30分ほど行います。」

工房の前のわき水で、泥を洗い流してまた、テーチ→石灰水を行い最後には石灰水に浸けずに、今度は田んぼへは行かずに工房の前にバスタブが置いてあってそこに田んぼからの泥が入っている。

親父の実家が山梨で、子供の頃に田植えを手伝った。

あの時の泥の感覚…なんだか懐かしい。

工房の方にすすぎをしてもらい、最後に褪色防止の加工をしてもらい、工程終了!

b0224776_1535734.jpg


2時間ほどの体験でしたが…いつもの草木染めとはまた違った方法を体験でき、とても有意義な経験をさせていただきました。

ここの工房さんは、結構都内などの観光物産展で出張体験をしているそうで7月には池袋の某デパートの物産展でまた出展をなさるそうです。

さて、どっかで昼ご飯食べてホテルへ持ち帰り、ハンガーへ掛けて乾燥させておこう!

明日は、島の南部へ行ってみよう!

フェリーの狭い寝室の疲れなど、何処へやら…

眠気なんて梅雨なのに雨など降らないこの島の天気のように何処かへ飛んで行ってしまったようだ!
[PR]
by itzeboo | 2012-05-24 15:52 | | Comments(1)

旅のレポート 九州沖縄ツアー 熊本編

旅のレポート

~オレと熊本~

2012年5月9日(水)

綺麗になった博多駅の駅ビルをプラプラしながら、列車の時刻の30分前には自由席の車両入口に並んだ。

15:09博多発さくら415号

2回目の九州新幹線!全線開通後は初めてだな?

え~と新八代までは、15:58!?

なんと、1時間もかからない!

リレーつばめの時はどのくらいかかったかな?

いずれにしろ、新八代から在来線で一駅で八代…

やっぱり、車内設備はかっこいい!木目調で統一されていて、なんだか落ち着くしちょっとリッチな気分に浸れる。

田園風景をすり抜け、いくつかのトンネルを越えるとあっという間に熊本…そして新八代。

鹿児島-熊本間は、かなりトンネルが多かったような気がするけど、それに比べると少ないかな?

新八代から、在来線に乗り換える…

何回目の八代かな?

相棒の結婚式…バンドのメンバー4人で集まってドンチャン騒ぎ…7年前はバンドのギターのヤツが当時仕事で鹿児島にいたから3人で…そして今回…ってことは4回目かぁ~?

でも今までは、2泊をしていたが今回は一晩のみ!

八代の駅前は何もない…

まぁ街は駅から歩くと、30分以上かかるんじゃないかな?

ホテルまでは、徒歩…炎天下の中トボトボと歩く…重たい荷物を背負って…トホホ

今回のホテルは、街の手前にある。

毎回違うホテルなのか?

間が5年以上は空くので、どのホテルに泊まったかなんて記憶には全く残っていない。

シャワーを浴びて、空調を強めにしてベッドに寝転んでテレビをつけた。

「本日の熊本市内は、今年初めて真夏日を記録し30℃を超えました…」

暑いわけだよな?

博多市内を炎天下の中、朝から散々歩き回って、ようやく一息…

昨晩は、酔っ払って12時頃ベッドに潜り込んだが…久しぶりのホテル泊のせいか深夜3時頃目が覚めてしまい、おまけに結構飲んだつもりの酒もすっかり覚めてしまっている。

おかげで、新幹線も寝る時間なんてなかったしな?

5時半くらいに相棒に電話してみた。

仕事は終わったので18時過ぎには、会えるとのこと。

仕事は自営業で親父さんの仕事を継いだ2代目だ…とは言っても数年前にに親父さんは病気で亡くなってしまったので、実質一人で切り盛りをしている。

うとうとしていた…夢ともつかないまどろみの中に…

携帯の音で、目が覚めた。

嫁さんの運転でホテルまで迎えに来てくれる。奥さんのチホちゃんとも久々だな?

前回きた時は会ってなかったよな?

八代の街中の適当なところで落としてもらい、とりあえず居酒屋ののれんをくぐった。

テーブルに向かい合った7年ぶりの相棒の顔を改めて、見てみた。

昨年の2月に脳動脈瘤の手術を、頭蓋骨を開いてしたらしい。

今回の7年は、人を老いに確実に導く年月ってやつを痛感した。

もちろん、その分オレもご多分に漏れず彼とは誕生日が1週間しか違わないので…

けど、話していくウチにだんだんその違和感は埋まってゆき20年以上の月日を一気にさかのぼってゆく。

ヤツと最初に出会ったのは、19歳だった。

都内の大学で同じ音楽サークルで出会った。

初めて会ったとき、オレはヤツのことを年上だと思って、先輩だと思っていた。

春先の公園で宴会を開いていて、酔いつぶれたヤツが

「今年の1年生は、おもしろくなかぁ~!」

当時、音楽は…ハードロックが主流で特に大学まできて音楽なんてやっているヤツは、みんな個性があって曲者ばかりの集団だ。

もちろん、フォーク出身のオレはハードロックなんて聞いたこともなく、周りの同級生の会話について行けなかったわけだ。

その時、こう思った…

20歳近くの初対面の男が集まると…なんだかみんな、目には見えない壁を作ってる!

会話をしていると…オレはお前に、これ以上はつっこまない。その代わり、お前もこれ以上は突っ込むなよ!

暗黙の了解が、自然と成立している。

高校時代、バカ学校のバスケ部で苦しい練習を耐え抜いてきた仲間達との会話とは全く違う…

高校時代はといえば…

「お前バカだな?」

「うん、バカだよー!」

そんな、つぅ~かぁ~ともいえる何の気も遣わない間柄だった。

それに比べて、なんて居心地が悪いんだ!

たぶん言葉にはできないが、同じような空気を相棒も感じていたんだろう。

相棒もハードロックを聴かない。

必然オレは、相棒の下宿先に通うようになり毎週末はヤツのアパートにお泊まりして二人飲んだくれていた。

こいつの強烈な九州男児キャラを中心にしていけば、なんか面白いことが起こせるんじゃないかな?

たぶん、当時そんなことを本能的に感じたんだと思う。

それからオレは、サークルの同級生一人ひとりと、サシで飲んでいった。

やっぱ、そうなるとやっぱ同じなんだなってのが一人ひとり見えてきて…オレが馬鹿話をすると…

「いやぁ~お前だからいえるんだけどさぁ~実はオレもねぇ~!」

その後、相棒はサークルの幹事長にオレは副幹事長になり約50名ほどの人間を束ねることになったとさ。

おかげで、未だに当時のサークルの友達とは仲がよくて、20年以上経った今でもたまに飲んでいる。

一級下の後輩達ともオレは大好きでヨク飲んだな。

もちろん今でも、たまに飲んでます。

…気がつくと相棒と一件目の居酒屋を後にして恒例のハシゴ…

2件目はヤツの行きつけのスナック…

この店、何度も来てるな?

とは言ってもヤツに取ってみれば手術後、初めての外で飲んだとのことで、昔ほどの飲み方ではない。

しゃべりは相変わらずだけどねー!

残念ながら、オレはスナックっていう店は性に合っていないらしく、すぐに眠くなってしまう。

だいたい、オレにしゃべらしてくれないし、酒はどんどんつぎ足してくれるし、おまけに店の中が暗いんで必然的におねむのスイッチが入ってしまう。

たぶん時計は、11時過ぎてたと思う。

珍しく、相棒も2件目で解放してくれた!

そりゃぁ~病み上がりだから当たり前かな?

店の前で、ホテルの方向を教えてもらい、

「じゃぁ~な!また!」

とお互い振り返りもせず、別々の方向へ歩いて行く。

いつもこのパターンだ、20年来…何年経っても「じゃ、また明日!」

って気持ちになってる。

男ってこんなもんだよな?っていつも思う別れ際だ。

だから、お互いにそれから電話はおろか、メールの1通も送ってってない。

「じゃ、また明日…」

次回の明日は、今度は何年後なのかな?

何年経っても、お互いこんな感じだろうな?

ホテルまで、フライついた足を前に出すのが億劫な年になって来たけど、変わらないものってのもあるよな?
[PR]
by itzeboo | 2012-05-22 14:51 | | Comments(1)

旅のレポート 九州沖縄ツアー 福岡編

2012年5月8日(火)~16日(水)にかけて旅行に行って来ました!

今回は、博多→八代→船中泊→奄美大島→那覇の8泊9日。

まぁ7年前の西日本巡礼ツアーは15泊16日でしたので今回は半分くらいでした。

これから自分で染色を生業とするにあたり、是非とも経験したい、そして訪れたい土地がいくつかあって、今回その内2カ所を訪れることができました。

行くんだったら、ついでに今回も現地に住む友達とも会いたい!ってことで寄り道をしながらの旅でした。

今回は「福岡編」です。

~オレと福岡~

なんだか自分は九州と縁が深い…そう思う。

初めての九州…それは高校生の修学旅行。

もちろん、オレにも10代はあったワケでもれなく青春時代を謳歌までは行かないが、胸ときめく頃に九州を訪れた。

だから、また大人になったら是非訪れたい土地だった。

その後、都内の大学へ進学してそこから九州との縁が始まった。

同じバンドを組んだ相棒となったヤツが、熊本からきた肥後もっこすであった。

社会人になり東京の会社に勤めていたときに…出会い仲良くなるのがなぜか九州人が多かった。

その会社は、最終的に買収されてしまったんだけど、その会社で最後の上司となった人も博多っ子だった。

そんな中で、一番のおつきあいをさせていただいたのが当時会社の仕入れ先のメーカーにいた、弟のような存在の男の子だ。

仕事で毎日電話で話さない日はないくらい…もちろんお得意さんへ同行も何度もあり…

月に数回は、湯島の赤提灯で、御徒町のガード下で、北千住の立ち飲み屋で、新橋の駅ビルで飲んだくれていた。

彼は生粋の博多っ子で、新卒でそのメーカーへ入社し工場研修を経て始めて営業としての初仕事が、なんの縁かは分からないが、オレと群馬県にある得意先への同行だった。

声と手を震わせながら、汗をかきかきなんとかお客さんへ商品説目を…

なんだか昨日のことのようだな?

博多から、東京へ友達が遊びに来ると…

「友達が博多から来ていて飲むんですけど、一緒にどうですか?」

一体、何人を紹介してもらったかな?

数年後、オレが勤めていた会社は買収され…買収先の会社へ引き継ぎの仕事を一年間で終えて退職した。

退職の次の日にオレは2週間の旅行に出た。

それが前回の7年前…西日本巡礼ツアーだった。

その旅の出発点は、やっぱり今回と同様の博多。

メーカーの男の子も里帰りをしていて、現地で合流をして…

実は、東京によく遊びに来ていたその男の子の友達が翌日結婚式で里帰りをしていた。

もちろん、その友達ともオレは何度か東京で一緒に飲んでいたので顔見知りであった。

その時、博多にはその夜泊まって翌日は移動の予定だったんだけど、なんだか飲んでいる内にオレもその友達の結婚式の2次会の飛び入りさせてもらうことになり、ついでに幹事をやっていた人の家に泊めてもらうことになった。

もちろん、その幹事をやっていた人とも東京で何度か一緒に飲んでいたんで顔見知りだったんだけど…

その時に結婚した男の子も幹事をやっていた人とも、一緒に飲んだのっておそらく片手で数えて納まるくらいだったな?

けど、それは人なつっこい博多っ子の気質なのか意気投合?

…いやこっちが、厚かましくおつきあいをさせていただいている。

それから、もう7年も経ってしまった。

その旅から帰宅後、オレは地元の会社に再就職して何度か仕事で博多はもちろん九州に出張があった。

昨年、その地元の会社も退職して…

奄美大島と沖縄には染色の勉強のために行きたいと思っていた。

んじゃ、ついでに九州も行っちゃいましょうー!ってことで、博多で7年ぶりに再会を果たすことができた。

今回も旅の出発点を博多に選んだのは、空港からのアクセスが一番便利だ!

九州の空港…

福岡以外は、熊本、長崎、佐賀、大分を使ったことがあるがどこも市街地からは遠くバスが多い!

夕方の便で16時福岡空港着で、天神のホテルに17時には余裕でチェックイン。

初めてスターフライヤーを利用したんだけど、羽田からの搭乗口が遠いっていう不便さはあったが機内の設備が充実していて、次回もリピしたいな?

7年前に結婚した男の子と18時過ぎに待ち合わせをして、お茶をして前回お宅に泊めていただいた方と合流して、天神の知り合いのホルモン屋さんで食事をした。

なんだか若いときの7年…今回の7年ってみんなそれぞれ重たいなぁ~って感じがある。

これが人生なのだ~!って重さがひしひしと会話の隅っこにある。

まだまだ、週の初めでオレにとっても旅の始まり。

ちょうどイイ時間でオヒラキとなった。

翌日、ホテルで朝食をとった…

夕方までに八代に入ればいい。

遅くとも15時位に博多から新幹線に乗れば、余裕で八代には入れるな?

とりあえず、スマホとにらめっこをして近場の福岡市博物館へ足を伸ばした。

博多の街をこんなにゆっくり歩いたのは初めてだ!

案外、こちらも自転車が多いなぁ~!

結構、若者がおしゃれな自転車に乗って通勤している風景が!

その後、前回時間がなく見ることができなかった福岡アジア美術館のある中洲まで歩いた。

がっ~!オーマイガー!

休館日だぁ~?

しょうがない、県立美術館を目指した。

無料でよかったけど、まだ時間があるな?

え~い!博多駅まで歩いちゃえ~!

博多駅は自体は仕事で何度か来ていたけど、きれいになってからの博多駅は始めてだ!

すごーい!

歩いたおかげで、小腹も空いた…そういえば、博多でまだラーメンを食べてなかったので駅近くのラーメン屋さんを見つけて、替玉無料サービスデーだったが米を食べたかったのでライスをおなかいっぱい食べた。

ここんところ、ダイエットをしていたのでラーメンはおろか外食さえ飲むとき以外はしていない…

ここぞとばかりに、ざっぱざっぱとラーメンライスを平らげた。

博多駅に戻り、新幹線の切符を購入。

JR九州のCMをYou tube で見て絶対に乗ろうと思った。

前回は、鹿児島から博多まで全線を乗ったんだけど新八代で隣にいた、リレーつばめなる別の列車に乗り換えさせられたよな?

しかも、自由席は隣の列車までダッシュ!

あっという間に、博多は遠のいていった。

…博多は単身赴任したい街…第2位だそうだ…

どこに行くにも近く、食べ物は安くてうまい。

博多出身の人と何人も出会ったことがあるが、その人達は必ず言う…

「博多は、よか街やろ?」
[PR]
by itzeboo | 2012-05-19 11:35 | | Comments(1)


湘南の染めもの屋


by ITZEBOO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
告知
展示
コンセプト
作品

ボランティア活動
工程
デザイン
イベント
出張草木染
ワークショップ
コラボ
お仕事
卸売(仕入)
未分類

外部リンク

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

コロポックルさま 2日..
by itzeboo at 10:13
アースガーデンでお会いし..
by コロポックル314 at 21:32
渋谷店はうちのテナント入..
by mika nakamura at 18:56
あれ?今、ハンズなの?
by itzeboo at 13:28
わあ!ハンズギャラリーマ..
by mika nakamura at 23:33
ゴメンなさい!コメント今..
by itzeboo at 15:31
え?航空公園でやるんです..
by なかむらみか at 18:45
サクラも奥深いですね。 ..
by mika(朝な夕な) at 13:32
おっと~また知らない間に..
by ないとう at 00:35
これだけ色が並ぶと鮮やか..
by mika(朝な夕な) at 12:48

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

9月のイベント出店情報(^O..
at 2017-08-27 13:56
ワークショップレポート
at 2017-06-23 17:13
6月のイベント出店情報(^O..
at 2017-06-02 14:58
5月のイベント出店情報(^O..
at 2017-05-02 16:50
出張べんがら染めワークショップ
at 2017-04-17 11:30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
ファッション

画像一覧